診療方針・院長紹介
久野木歯科クリニック

久野木歯科クリニック

〒113-0033
東京都文京区本郷1-22-6
本郷ハイホーム200
TEL/03-6801-5418

アクセス
  • 三田線「水道橋駅」より徒歩1分
  • JR中央線「水道橋駅」より徒歩6分
  • 丸の内線「後楽園駅」より徒歩5分
マップ

歯内療法専門サイト

患者の気持ち

当医院の理念

当医院の理念

常に最良な質の高い医療を提供し続けることによりいつまでも美味しく食事がしたい、より自然で美しくありたいという皆様の想いを手助けできる医療機関でありたいと心より願っています。

それを実践するために…
1、医療は日進月歩です常に医療知識と技術の研讃をつんでいかねばならないと思います。自分が学ぶことを止めた時仕事を止める時だと思っています。
2、常に自分を患者様と同じ立場に立つことにより患者様個々が「どのようにしたいのか」「どのようにされたいか」を考えていきたいと思います。各治療ステップごとの説明と確認を患者様と共有することは最重要であると考えております。

当院の治療について

早期発見、早期治療は、歯科治療を行う上で最も大切です。

  • 検査を行い治療が必要なのか予防が必要なのかを判断。
  • 治療が必要になれば1人1人の患者さまに合ったいろいろな治療法に対応。
  • 判り易い説明を行い(患者様が)納得のいく治療計画をご提案。

当医院の理念として、患者様1人1人にガラス張りの医療を提供する。 すなわち患者様に対して透明性の高いオープンな医療を提供できる医療機関であるべきだと思っています。
そのためには…

患者様には、お口の中の現在の状況や治療法・治療計画のご説明はもちろんのこと、治療中に行った内容(例えば、こういった理由から歯のどこの部分をどのくらいの量削ったかなど)は、治療後にご説明を交えながら、一緒に記録した治療中の映像をモニター画面で見ていただくことにより、患者様が納得していただける治療を提供できれば幸いです。
モニター1 モニター2
ユニットごとにモニターを設置 モニター上で解り易くご説明

院長紹介

院長 久野木 克典
明海大学歯学部卒 同歯内療法科入局
明海大学歯内療法科 臨床助手
久野木歯科クリニック
(CTオーラルケアヘルスセンター)開院
厚生労働省認定臨床研修歯科指導医
院長 久野木 克典
<活動経歴>
2009年6月11日
130回日本歯科保存学会春季学術大会 札幌コンベンションセンターにて発表
2009年10月
日本歯内療法学会誌第30巻に論文掲載発表
2010年6月12日
第28回日本顎咬合学会学術大会・東京国際フォーラムにて口演発表
2011年6月12日
第29回日本顎咬合学会学術大会・東京国際フォーラムにて
演題名「近代マテリアルによる最新歯科治療」を口演発表
2012年6月29日
第30回日本顎咬合学会東京国際フォーラムにて「低侵襲を重視した歯科治療」を口演発表
2013年3月31日
第10回日本顕微鏡歯科学会一橋大学講堂にて「難治性根尖性歯周炎に対する歯内療法」を一般口演発表
2013年5月30日
第9回世界歯内療法会議東京国際フォーラムにて「Endodontics for Refractory Apical Periodontitis」を口演発表
2013年6月30日
第31回日本顎咬合学会東京国際フォーラムにて口演発表
2014年4月12日
第11回日本顕微鏡歯科学会・九州大学医学部百年講堂にて口演発表
2014年6月14日
第32回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて「難治症例を治癒に導くマイクロエンドドンティクス」を口演発表
2015年6月26日
第33回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて口演発表
2016年5月27日
厚生労働省臨床歯科指導医に認定
2016年6月12日
第34回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて「歯科治療における偶発症の対応」を口演発表
2017年6月11日
第35回日本顎咬合学会・東京国際フォーラムにて「難治症例に対応し治癒に導いた歯内治療について」を口演発表予定
<所属学会・資格>
・ 日本顎咬合学会認定医
・ 日本歯科保存学会所属
・ 歯周病学会
・ 歯内療法学会
・ 審美歯科学会等
・ 厚労省認定臨床歯科指導医