歯周治療
久野木歯科クリニック

久野木歯科クリニック

〒113-0033
東京都文京区本郷1-22-6
本郷ハイホーム200
TEL/03-6801-5418

アクセス
  • 三田線「水道橋駅」より徒歩1分
  • JR中央線「水道橋駅」より徒歩6分
  • 丸の内線「後楽園駅」より徒歩5分
マップ

歯内療法専門サイト

患者の気持ち

歯周病とは?

歯周病とは?

厚生労働省の調べでは、日本人の80%以上が歯周病に罹患しています。
しかし国民の多くは「歯周病は中高年になれば誰でもなってしまうもので別に大したことはない」という感覚を持っているのが現状です。

しかし歯周病の恐ろしいところは、少しずつ時間をかけて気がつかないうちに進行していき、気がついた時は、末期の状態であるということは珍しくありません。

じわじわ気がつかないうちに進行して発症するのでサイレントキラーと呼ばれています。20代から40代にかけて自分でも気がつかないうちに歯周病にかかっていて、知らないうちに悪化している、という場合が多いのです。

現実に症状を自覚するのは、40〜60歳代が大部分です。歯周病が進行すると細菌が歯茎の奥深いところまで入って歯を支えているあごの骨を溶かしてしまい、最終的に歯がグラグラと動いて抜け落ちてしまいます。

できるだけ症状が軽いうちに適切な処置をうけることが健康な歯茎を取り戻す方法ですので、次のような症状が認められたらすぐにでも歯医者さんに診てもらうことをおススメします。

  • 歯を磨くときやリンゴを食べると歯肉から出血する。
  • 歯茎の色がピンクではなく赤みが強い。
  • 体調悪い時に歯肉が腫れて痛む。
  • 口臭がある。
  • 歯がぐらぐらする。
  • 朝起きると口の中がネバネバした感じがする。
  • 食べカスが歯と歯の間に挟まりやすくなった。
  • 歯根(歯の根っこ)が露出している。
  • 硬い物を噛む時に痛みを感じる。
  • 歯の付け根から膿がにじみ出る。

歯周病は遺伝する?

歯周病は遺伝することが分かっています。日本人の約30%はその遺伝因子を持っています。ブラッシングを毎日欠かさず行っているのに歯周病になる人は、普段から歯周病のケアに取り組む必要があります。

ただ、単にブラッシングの仕方が悪い人もいますので、歯医者さんで調べてもらうのがいいかもしれません。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病と心臓病との関連
歯周病と心臓病との関連

「歯周病は心臓病と深い関係がある」と言ったら、「なぜ?」と思う人は多いのではないでしょうか。

ノースカロライナ大学歯学部の調査によれば、歯周病にかかっている人は健康な歯茎の人と比較して心臓疾患にかかって心臓発作を引き起こす確率は、約3倍も高いことが分かっています。

これは、歯肉の血管の中に歯周病菌が入り込んでしまい血管の中を通っている血液と一緒に歯周病菌が心臓まで運ばれてしまいます。

血液により心臓まで運ばれた歯周病菌は、心臓の血管や心臓弁、心臓の内膜に付着して血液の流れを悪くするため動脈硬化や心臓内部に炎症を起こします。歯周病菌により心臓病(心筋梗塞、狭心症、感染性心内膜炎)を生じ命をおびやかすことにもなりかねません。

また、白人に対する調査では、歯周病の人は口の中が健康な人に比べて脳梗塞になる危険性が2倍〜3倍にのぼることが報告されています。


歯周病と早産の関連
歯周病と早産の関連

そして歯周病にかかっている人では早産が多く、低体重児出産の確率が健常者の7倍にものぼる!アメリカで、妊婦さんにとって衝撃的な内容が報告されています。

その原因の一つが歯周病菌が歯肉の血管から血液中に入りこみ、それが羊水の中まで運ばれてしまい胎児の成長に影響し、予定どおりに生まれても小さめの赤ちゃんになるとする報告があります。

これまでは早産や低体重児出産などを引き起こす要因として喫煙や飲酒が知られていましたが、昨今ではその要因に歯周病の存在がクローズアップされてきました。
これまで口の中の病気の一つにすぎないと思われてきた歯周病は、心臓や肺、血管、糖尿病、胎児にまで影響を及ぼすことが分かってきています。